体からのサインを見つけよう|脊柱管狭窄症の治療方法

朝気がついたら

医者

最近手を動かしにくいと感じたら、すぐに世田谷のリウマチ専門医へ相談しましょう。早期発見で症状をコントロールすることができるのです。家族に起こっている症状も見逃さないでください。

詳しくはこちら

歩きにくいと感じたら

入院

痛みがひどく歩けない、下半身が痺れて歩けない症状が出る病気として挙げられるのが「腰部脊柱管狭窄症」です。背骨が歪むことによって神経が圧迫され痛みを引き起こします。歩いているときに痛みが起きても、しばらく休んだり腰をかがめたりすることで楽になる症状が特徴です。圧迫された神経が緩み、痛みや痺れが和らぎます。腰部脊柱管狭窄症の治療方法は、様々あります。日常生活が困難なほど痛みが強い場合や歩けない場合は、手術を行なうのが一般的です。軽度の症状のときは、手術を行なわず、保存治療と呼ばれる治療を行ないます。痛み止めなどの薬を投与する「薬物療法」やマッサージや患部を温めて治療する温熱療法などを行なう「理学療法」、筋肉を鍛えることによって痛みを軽減する「運動療法」、神経に直接麻酔薬を注射し痛みを取る「神経ブロック療法」があります。手術に比べ比較的体の負担が少ない治療法ですが、人によって症状や痛みの強さが異なるため、必ず医師の指示を仰ぐことが重要です。根本的に腰部脊柱管狭窄症を治すためには、狭くなった脊椎管を広げる手術が必要となります。運動療法や理学療法を行なっても効果があまりみられない場合は、手術を検討します。年齢が上がるにつれて腰部脊柱管狭窄症が再発する恐れもあるため、どういった治療方法が最適なのか医師と相談しましょう。年齢が若い人は、早く手術を行なったほうがよいとされます。手術時間も比較的短く、一時間程度です。日常生活に支障が出る前に治療を始めるとよいでしょう。

早期発見が重要

医者

胃がんのサインを見逃さないために、健康診断を定期的に受けましょう。ただの胃もたれと思っていると、重大な病気を見逃していることになるかもしれません。早期発見が大切です。

詳しくはこちら

不調の原因

頭を抱える男性

ストレスを適度に解消しないと自律神経失調症になる可能性があります。検査をしてもはっきりとした原因がわからない病気の一つである自律神経失調症は女性がかかりやすいとされています。

詳しくはこちら